一般社団法人 地域商社あきおおた MENU

買物

豊かな水、新鮮な空気、大地の恵み、心を込めた手仕事が息づく安芸太田町。ここには、自分だけのお気に入りにしたい物や、誰かに教えたくなるような魅力的な「名産品」がたくさんあります。自宅にいながらお取り寄せできる商品もあれば、現地を訪れないと手に入らないものまで、幅広くご紹介します。

祇園坊柿

祇園坊柿

柿の王様と呼ばれる祇園坊柿は、10月中旬から11月中旬に旬を迎えます。この時期にしか楽しめないあおし柿(渋抜き柿)は大きくて肉厚な果肉が特徴で、メロンにも匹敵する上品な甘さと言われています。そんな祇園坊柿は安芸太田町が生産量日本一。古来種で、気候や気温に対してデリケートなため栽培が難しく、安芸太田町をはじめとした一部の地域でのみ栽培され続けています。

11月頃からは、干し柿へと姿を変えてみなさまのもとへ。道の駅はもちろん、関東・関西の百貨店にも並びます。地元だけでなく県内外のお客様からも愛される逸品です。

戸河内刳物(とごうちくりもの)

戸河内刳物(とごうちくりもの)
安芸太田町の良質な木材を、刳りぬいて作る伝統工芸品「戸河内刳物」。カンナやノミなどの和道具だけを使って、すべて手作業で作り出されています。その品々は、うっかり鍋に落としても沈まない「浮上お玉」のほか、遊び心溢れるひらめのお皿、小さなスプーンや花器などさまざまです。すべて手づくりだからこそ、職人の作風やあたたかみが感じられる逸品ばかり。使うことで木の変化も楽しめ、永く付き合いのできる愛すべき道具たちです。
もっと詳しく知る オンラインショッピングで商品を見る

お酒

お酒
地酒「三段峡」は、安芸太田町のシンボルでもある名勝・三段峡から名付けられたこの町を代表するお酒です。町内の飲食店でも味わうことができます。その他、棚田育ちのかぼちゃを使った焼酎や、昭和40年代に試掘されたトンネルを貯蔵庫として使い、熟成させたウイスキーなどの変わり種も。お好みに合わせて自分用に、また、大切なあの人へのお土産品としても自信を持っておすすめします。

食べ物

食べ物
熟練の技や豊かな自然が育む「食」も多彩な安芸太田町。地元で栽培された「太田カブ」に、秘伝の味つけをし、塩漬けにした「太田カブ菜漬」は、この町のおふくろの味です。ほのかな酸味と絶妙な塩加減が食欲をそそります。また、昭和45年創業の「たい焼き屋よしお」には、その味を求めて広島市内や九州からも来客があります。そんなたい焼きは、冷凍でお取り寄せが可能。老舗の味をご自宅でも楽しめます。
もっと詳しく知る オンラインショッピングで商品を見る

工芸品

工芸品
森林豊富な安芸太田町では、ひのきなどの木材を使った多彩な品々を手に取ることができます。火を着ければキャンドルのように長い時間燃え続け、冬のアウトドアの必需品として人気の「スウェーデントーチ」や、香りのよいひのきの一枚板で作られたまな板のほか、安芸太田町のキャラクター「もりみん」と広島カープのコラボグッズなども取り揃えています。
もっと詳しく知る オンラインショッピングで商品を見る
ホーム満喫する買物
PAGE TOP