一般社団法人 地域商社あきおおた MENU
お知らせ

標高800mの深入山の麓にある『あじさいロード』

安芸太田町では、恐羅漢山や深入山など広島県の中でも標高の高いエリアがあるので、6月中旬~7月下旬までの長い期間、紫陽花(あじさい)を鑑賞できます。

今回ご紹介するのは、標高800mエリアにある「あじさいロード」。この場所は深入山の麓から続き、国道191号線沿いに約12kmあじさいが咲き誇ります。

オレンジ色の区間が「あじさいロード」です。

毎年、梅雨が始まると少しづつ花が咲き始めます。松原という信号機のある交差点を左折して少し進むとロードは始まります。日々表情を変えるあじさいはカラフルな世界を作り出します。

少し標高の高い場所、咲き誇る準備を始めている。梅雨時期の恵み雨が必要です。
ひとつの株に、青や紫が。個性のある紫陽花は見る人の心を穏やかにする力があります。

この周辺には、三段峡の猿飛渡舟へ乗るためのスタート地点である「水梨口」や人気の釣り堀「渓流茶園」があります。釣り堀は竿とエサなどすべてレンタルできるので手ぶらで気軽に楽しめ、釣った魚もすぐに食べることができます。

この他にも、昔から地元の人々に利用されている「深命水」という湧水を汲める場所があります。夏場は冷たくてとてもおいしいです。

山の麓にある水汲み場で、畑や田に肥料としていれる草を深入山で刈ったり、農作業を した後に人馬ともにこの湧き水でのどを潤おしていました。

渓流茶園や深命水のあるエリアは7月になるとホタルを見ることもできます。
※下記リンクもご参考にしてください。

天然の明かりを灯す「ホタル」~初めての方でも安心して観賞できるスポット

深入山でトレッキングを楽しんだり、深入山の麓にあるキャンプ場でデイキャンプやBBQを楽しんだり、191号線にあるファンの多いお好み焼き店「まる笑」さんでご飯を食べたり、いこいの村で温泉へ入るなどそれぞれの時間をお過ごし下さい。

深入山の7月の姿、春に山焼きを終えた黒い山肌から緑がまぶしい草原へと
このお写真の中に山頂を目指している方がおひとり。探してみてください。

標高の高い地域ならでは「あじさい」や周辺エリアでも夏前の姿をお楽しみください。

下記にGoogleMAPを貼っておくので、ドライブの際にはご活用下さい。

ホームお知らせお知らせ標高800mの深入山の麓にある『あじさいロード』
PAGE TOP