一般社団法人 地域商社あきおおた MENU
知る

大人も子供も楽しめる、広島市内近くの伝統的な手植え体験の楽しみ方【殿賀花田植え】

私たちの毎日の生活に欠かせないお米ですが、実際に田植えをしたことある人はどれくらいいるでしょうか?

今では当然のように機械で行われていますが、昔は全て手作業で行われていた為、一家あるいは地域の人総出の大仕事だったんです。そんな手作業の田植えが安芸太田町では今でも民俗芸能である殿賀花田植えとして残っています。

中国地方、特に広島で民俗芸能として発展した伝統的な田植えを実際にしたり、見たり感じたりとこの時期ならではの伝統体験を実際にしてみませんか?

殿賀花田植え~手植え体験までの流れ~

見て楽しむ、聞いて楽しむ歴史ある殿賀田楽

田植え体験は午前中に行われますが、その前にまずは伝統の殿賀田楽を見て楽しみましょう。全体の総指揮であるさんばいの元、ささら、大太鼓、小太鼓、笛、手打鉦(かね)の音色と共に苗を植える女性である早乙女が田楽唄に合わせ見事にそろった動きを披露します。

早乙女」の鮮やかな衣装と、「さんばい」の田楽唄に合わせた軽快な演奏は見ていて引き込まれることでしょう。動きや演奏、田植唄を聞いて存分に楽しみましょう。

※早乙女とさんばいについては下記にて説明していきますね。

総出で行われていた田植えを表現する田楽。見どころは田植唄に合わせ大人数が息の合った動作を行うところ。写真前方の女性たちが早乙女と呼ばれる苗を実際に植える女性達。
お写真中央部の一番手前にいる中央で指揮をとる「さんばい」、手に持っているものが 田植えのリズム刻むための古くより伝わるささら。

さんばいの語源について

語源は田の神様を「さんばい」というそうです。神になぞらえて指揮する偉い方という意味で「さんばい」といったといわれています。この「さんばい」を務める方は田楽唄を全て覚えていて、作業に合わせて様々な調子を選び指揮をとるという技術、経験のいる仕事なんだそうです。

やって楽しむ、伝統的な手植え体験

田楽の披露が終わると、いよいよ田植え場所へ移動し田植えが始まります。披露された田楽と同様に、さんばいの指揮のもと太鼓、鉦、笛の音が響き渡りそのリズムに合わせ早乙女たちが苗を植えていきます。

この苗の手植え体験はどなたでもご参加頂けます。普通の田植え体験とは異なる伝統的な花田植えの体験は、きっと大切な思い出になるはずです。

年齢性別に関係なく田んぼに足を踏み入れると自然と笑顔があふれてきます。

実際に田植え作業を体験してみたいけど、予約とか申し込みがいるの?と心配になるかと思いますが、田植え作業に参加するのに予約は必要なく、飛び入り参加が可能です。普段田んぼに入ったことのないお子様はもちろん昔は田んぼでよく遊んだ大人の方も童心に帰って一緒に楽しむことができるんです。

田んぼには入りたいけど、伝統的な田植えなんて分からないからどうしようと迷われている方も安心してください。

早乙女さんの間に入って真似をしながら植えていけば良いので、やったことがなくてもしっかり楽しむことが出来ます。例年やったことがなくても飛び入りで参加される方いらっしゃるので、心配なさらずに是非体験してみてください。

ママはこの時点でお気づきかと思いますが、服が汚れた時の着替えを準備しておくと安心ですね。

田んぼはお写真ぐらいの広さなのでさんばいの指揮、田楽唄が早乙女までしっかり届きます。だからこそ昔からこのような田植えが簡単にできたんですね。広大な田んぼを想像するだけで…

神楽も見られるステージイベントも楽しもう

田植えは午前中で終了しますが、午後からも来場した方が楽しめるようにその他プログラムがたくさん用意されています。田植え終了後30分程度の休憩をはさんでステージイベントがスタートします。

ステージイベントでは地元の神楽団による神楽が上演されます。伝統芸能の田楽と神楽が一日で見られるなんて贅沢ですよね。

そのほかにもフラワーフェスティバルでも披露される神楽よさこい、その他演奏や舞踊などが行われ花田植えの一日を盛り上げます。

ステージイベントで子ども神楽を披露する堀子ども神楽団は、クイーン・エリザベス入港歓迎ステージにも出演するなど大人顔負けの神楽を披露してくれます。

会場では、健康チェックや記念撮影もできる!?

花田植えと同時に安芸太田病院まつりが合同で開催されており、病院コーナーでは健康チェックや本物の白衣に袖を通し記念撮影も出来ます。

また、会場にはテント村があるのでお弁当やうどんなども食べることができます。さらに地元で人気の移動販売車「カフェロード」も出店するので、美味しいカレーやドリンクも味わうこともできますよ。朝から田植えをしてお腹がすいても安心ですね。

また、バザーも行われているので掘り出しものを探して歩くのも楽しいかと思います。

病院コーナーの様子。日頃から気になる健康のチェックが無料で行えます。是非この機会に!
会場に出店される移動販売車カフェロード。店主こだわりのカレーや広島では珍しいタピオカドリンクが看板メニュー。お子様も大好きサクサクな「スティックチキン」おすすめです。

そして13時からは豪華景品の当たる大抽選会が開催されます。会場内でお買いものや飲食をした際に抽選券がもらえるので、当選するかドキドキしながら楽しい時間をお過ごしください。

14時30分に閉会の挨拶が終わります。しかし、まだまだ続きます。最後には餅まきが行われます。 是非最後まで楽しみましょう。

最後に:楽しみ方大集合

全体を通して様々な楽しみ方があることは伝わったかと思いますが、色々とありすぎたかもしれないので、こちらで最後に整理しておきますね。

  • 田楽や田植え体験を、目で見て楽しむ
  • 伝統楽器の田楽を、耳と心で聴いて楽しむ
  • 伝統的な田植え体験を、実際にやってみて身体で感じ、楽しむ
  • リズムに合わせて、踊りを楽しむ
  • ステージイベントの神楽や舞踊を見て楽しむ
  • 健康チェックやコスプレをして記念撮影を楽しむ
  • テント村のおいしいご飯を、味覚で楽しむ
  • その他、バザーや大抽選会、餅まきなどを最後まで楽しむ

今年で24回目を迎える殿賀花田植え。古くから伝えられてきた田植えを広島市内から1時間という近場で気軽に体験できる貴重な機会なので、ご都合が合いましたら是非ご参加ください。当日の詳細スケジュールは下記にてご確認下さい。

第24回殿賀花田植え

日時:2019年5月19日(日)
開始:10:30~
ステージイベント:12:00~
場所:安芸太田病院(病院前駐車場付近)
住所:広島県山県郡安芸太田町下殿河内236
※雨天の場合:旧殿賀小学校講堂
駐車場:無料駐車場有

【プログラム】

10:30~開会(挨拶)
10:40~殿賀田楽披露
11:20~田植え実施
11:40 田植え終了

(休憩)

12:10~ステージイベントスタート
12:20~舞踊(花の鼓笛隊)
12:25~子ども神楽(塵倫)
13:00~大抽選会
13:15~マリンバアンサンブル(情熱大陸他)
13:30~舞踊(祝杯)
13:35~神楽よさこい
13:55~神楽(鐘馗)
14:30~餅まき

【閉会】

ホーム安芸太田を知るイベント大人も子供も楽しめる、広島市内近くの伝統的な手植え体験の楽しみ方【殿賀花田植え】
PAGE TOP